国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
横浜国道事務所ホーム > 一般国道1号 > 西湘バイパス

一般国道1号

  • 西湘バイパス

    概要

    西湘バイパス

    西湘バイパスは、神奈川県中郡大磯町から小田原市にかけての海岸線に整備した、総延長20.9kmの自動車専用道路です。

    神奈川県下の国道1号の交通は、昭和30年代すでに飽和状態にあり、なかでも神奈川県大磯町〜小田原市間の大部分は、歩車道区分のない幅員11m程度の道路で、かつ沿道は完全に完全に市街化していて拡幅は困難なため、海浜地帯を利用したバイパスとして整備したものです。

    西湘バイパスは、昭和39年度に着工し昭和47年1月全線完成供用しました。

    なお、昭和44年度に全線20.8kmのうち、二宮インターチェンジから箱根口インターチェンジまでの14.5kmが日本道路公団の一般有料道路事業に編入されています。

    計画諸元
    区 間
    神奈川県中郡大磯町
    〜神奈川県小田原市風祭
    延 長

    20,850m

    幅 員 18.5m(4車線14m)
    規 格 1種平地

    位置図

    位置図

    標準横断面図

    標準横断面図

    橋梁および高架橋

    橋梁および高架橋
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
〒221−0855 横浜市神奈川区三ッ沢西町13−2
TEL:045−311−2981(代表) FAX:045−316−3551