国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
横浜国道事務所ホーム > 一般国道1号 > 戸塚道路拡幅・矢沢立体交差

一般国道1号

  • 戸塚道路拡幅・矢沢立体交差

    概要

    戸塚道路拡幅・矢沢立体交差

    昭和30年2月供用の戸塚道路は、供用後10年で日交通量が40,000台以上となっていたが、幅員は11mと狭く、またこの区間の中間に位置する矢沢交差点(県道横浜伊勢原線との交差)は、区間唯一の平面交差箇所であり、国道1号の一大ネックとなっていた。その解消のため、4車線化拡幅及び矢沢交差点の立体化を実施したものです。

    昭和41年11月に着工し、43年度に立体交差を完成、45年度に拡幅を完成供用しました。

    計画諸元
    [戸塚道路拡幅]
    区 間

    横浜市戸塚区上矢部町
    〜横浜市戸塚区汲沢町

    延 長 3,600m
    幅員 18.1m
    [矢沢立体]
    箇所 横浜市戸塚区矢沢町
    延長 590m(高架部207m)
    幅員 18.1m
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
〒221−0855 横浜市神奈川区三ッ沢西町13−2
TEL:045−311−2981(代表) FAX:045−316−3551