国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
横浜国道事務所ホーム > 一般国道16号 > 大和バイパス

一般国道16号

  • 大和バイパス

    概要

    大和バイパス

    国道16号大和バイパスは、東名高速道路の横浜インターチェンジのアクセス道路として計画されたもので、横浜市旭区上川井町から一般国道246号を横断して大和市公所に至る4.4kmのバイパスです。

    このうち東名高速道路の供用に合わせて上川井町の一般国道16号から町田市鶴間の国道246号まで2.1kmを昭和38年に調査設計を開始し、39年9月より工事に着手して43年3月に完成供用しています。

    この2.1kmのうち東名高速道路と交差するインターチェンジ部分の延長535mは日本道路公団(現NEXCO東日本)に施工を委託しました。

    また、このバイパスの延長4.4kmのうち町田市鶴間から大和市公所までの2.3kmは相武国道事務所で施工しています。

    標準横断図

    標準横断図

    上川井インターチェンジの大和バイパス側断面図

    上川井インターチェンジの大和バイパス側断面図

    位置図

    位置図
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
〒221−0855 横浜市神奈川区三ッ沢西町13−2
TEL:045−311−2981(代表) FAX:045−316−3551