ホーム > 河川 > 社会資本整備 > 首都圏の水資源状況について
河川

首都圏の水資源状況について

関東地方の上流ダム群等の現況

  • 東京2020オリンピック・パラリンピック渇水対応行動計画

    東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、限りある水資源のより一層効果的かつ計画的な活用を推進し、渇水が予測される場合でも水の安定的な供給を行います。

  • 首都圏の水資源状況(リアルタイム)

    関東地方の上流ダム群等の貯水量、貯水率現況などはこちら

  • 利根川水系

    矢木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、相俣ダム、薗原ダム、八ッ場ダム、下久保ダム、草木ダム、渡良瀬貯水池の現在の状況をお知らせします。

  • 利根川水系鬼怒川流域

    五十里ダム、川俣ダム、川治ダム、湯西川ダムの現在の状況をお知らせします。

  • 荒川水系

    二瀬ダム、滝沢ダム、浦山ダム、荒川調節池の現在の状況をお知らせします。

  • 多摩川水系

    小河内ダムの現在の状況をお知らせします。

  • 相模川水系

    城山ダム、相模ダム、宮ヶ瀬ダムの現在の状況をお知らせします。

  • 関連情報

    過去からの記者発表資料等、関東地方における上流ダム群の関連情報などを掲載しています。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369