国土交通省 関東地方整備局 関東道路メンテナンスセンター
関東道路メンテナンスセンターホーム > 地方公共団体支援 > 直轄診断

地方公共団体支援

  • 直轄診断

    直轄診断とは

    直轄診断のイメージ

     本来、橋梁やトンネル等の道路構造物は、各道路管理者が責任をもって管理するという原則があります。
     しかし、地方公共団体の技術力を考慮したうえで、それでもなお、技術支援が必要な道路構造物(複雑な構造、損傷が極めて著しい、社会的重要施設など)に限って、国が該当地域の地方整備局、国土技術政策総合研究所、独立行政法人土木研究所の職員で構成する「道路メンテナンス技術集団」を派遣し、技術的助言を行います。
     橋梁の補修に関して技術面でのお悩みがありましたら、関東道路メンテナンスセンターまでお問い合わせください。
     直轄診断に係る費用について、地方公共団体の費用負担はありませんが、直轄診断に該当するための要件があります。
     ただし、極めて専門的な知見を要する特殊な損傷への対応のために、外部機関との連携が必要になる場合があります。
     その際は、外部機関の職員の出張費等の負担が生じる場合もありますので、ご留意ください。

    直轄診断の仕組み

    直轄診断の仕組み

    直轄診断の実績

    秩父橋(埼玉県秩父市)
     秩父橋(二代目)は、秩父市管理の鉄筋コンクリート製3径間連続アーチ橋であり、埼玉県指定等文化財の有形文化財に登録されている橋梁です。
     令和元年度8月に実施した直轄診断では、橋梁点検車による近接目視や橋面舗装下の状況調査、潜水士と水中カメラによる橋台のフーチングの洗掘調査を行いました。
     同年度12月に調査結果を取りまとめて、その報告会を開催したものです。
     
     その後、秩父市から修繕代行の要請を受けて修繕代行を事業化し、令和3年度から秩父橋の補修に係わる工事を進めています。
     詳細は、下記からご覧ください。
     

    ●秩父橋における修繕代行事業

    • 直轄診断の様子1
    • 直轄診断の様子2 直轄診断の様子
    • 直轄診断の様子3

    お問い合わせ

    下記のお問い合わせフォームにて、相談内容等を入力して、ご連絡ください。
    後日、関東道路メンテナンスセンターの担当者より、連絡を差し上げます。
    なお、都県のみならず、市町村につきましても相談可能ですので、お気軽にご連絡ください。
    直轄診断に係る費用について、地方公共団体の費用負担はありませんが、直轄診断に該当するための要件があります。
    ただし、極めて専門的な知見を要する特殊な損傷への対応のために、外部機関との連携が必要になる場合があります。
    その際は、外部機関の職員の出張費等の負担が生じる場合もありますので、ご留意ください。

    お問い合わせフォーム
    ※クリックすると、専用フォームに自動アクセスされます。
国土交通省 関東地方整備局 関東道路メンテナンスセンター
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-89-1 タカラビル2階 電話:048(729)7780 FAX:048(729)7790