八ッ場ダム工事事務所ホーム > 環境への取り組み > 八ッ場ダムの環境保全の取り組み

八ッ場ダムの環境保全の取り組み

はじめに

 八ッ場ダムは、昭和27年から調査が行われ、現在完成に向けて工事が進められています。自然環境に関しても昭和52年以来、現地調査を実施し、昭和60年12月『建設省所管事業に係わる環境影響評価に関する当面の措置方針について』(昭和57年7月1日建設省事務次官通達)に基づく環境アセスメントを終えています。
 その後も八ッ場ダム工事事務所では、『自然との共生』を目指し、環境対策の充実に向けた各種調査を継続的に実施してきました。調査の結果を受け、現在具体的な保全対策について、専門家の意見を聞きながら取り組みを始めています。

環境保全対策の計画の流れ

例えば・・・どんな取り組みがあるの?

※ここで紹介した環境保全対策は実施しているものの一例です。今後も事業主体として関係機関と連携をとって包括的な環境保全を進めていきます。

国土交通省 関東地方整備局 八ッ場ダム工事事務所
〒377-1395 群馬県吾妻郡長野原町大字与喜屋11 電話:0279(82)2311(代表)