ホーム > 河川 > 社会資本整備 > 首都圏の水資源状況について > 利根川水系
河川

社会資本整備

  • 首都圏の水資源状況について

    利根川水系

    矢木沢ダム、奈良俣ダム、藤原ダム、相俣ダム、薗原ダム、下久保ダム、草木ダム、渡良瀬貯水池の現在の状況をお知らせします。
    ★取水制限情報
      台風9号等による降雨により、河川の流量が増加したことから、8月24日9時より、一時的に取水制限を緩和しています。

    1.ダムの貯水状況

    利根川上流8ダム貯水容量

     

    ダ ム 名 有効容量
    (万m3
    貯 水 量
    (万m3
    貯 水 率
    (%)
    前日補給量
    (万m3/日)
    平均値に
    対する割合
    (%)

    矢木沢ダム

    11,550

    5,778 50 -83 79

    奈良俣ダム

    7,200

    4,018 56 -43 70

    藤原ダム

    1,469

    1,388 94 28 108

    相俣ダム

    1,060

    915 86 -67 119

    薗原ダム

    300

    277 92 8 129

    下久保ダム

    8,500

    6,077 71 -277 89

    草木ダム

    3,050

    2,973 97 41 117

    渡良瀬貯水池

    1,220

    1,220 100 0 109

    8ダム合計

    34,349
    ※1

    22,646
    ※2

    66
       ※3

    -393
    ※4

    87
      ※5

    平成28年8月29日 0時現在
     
    最新の情報はこちらからご覧ください。
    【8ダム合計情報一覧表】
    http://www.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/dam8.html

    ※1 ・有効容量は7月1日から9月30日まで夏期制限容量(矢木沢ダム除く)。[PDF:543KB]
         矢木沢ダムは、夏期制限容量の設定がないため、常時満水容量と同じです。
    ※2 ・貯水量は速報値。
    ※3 ・貯水率は有効容量(夏期制限容量)に対する貯水量の割合。
    ※4 ・前日補給量とは前日の貯水量と本日の貯水量の差。(値が負の場合は、放流量より流入量が多く、ダムに水を貯留している状況です。値が正の場合は、流入量より放流量が多く、ダムに貯留した水を流している状況です。)
    ※5 ・平均値に対する割合とは本日の貯水量と貯水量の平均値(平成4年〜平成27年)に対する割合。

    2.降水量

    利根川栗橋上流域降水量
     
    年・月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
    平成6年 27 50 52 23 139 107 104 153 346 87 26 29 1,143
    平成8年 26 35 68 47 98 117 155 78 217 80 55 23 999
    平成19年 34 21 38 67 126 159 262 116 380 137 27 53 1,420
    平成25年 43 38 20 134 46 168 152 153 244  224 24 48 1,294
    平成27年 57 36 63 86 45 221 248 207 300 29  127 33 1,452
    平均値
    (S23-H27)
    43   48   67 90 118 178 200 205 212   125    60   39 1,385
    平成28年 69 36 57 104 56 156 134 288         900
    平均値に対する
    割合(%)
    161 74 85 115 48 88 67 140          

    ・単位はmm。
    ・降水量は速報値。
    ・平成28年8月は、28日までの雨量。
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369