ホーム > 河川 > 社会資本整備 > 首都圏の水資源状況について > 利根川水系鬼怒川流域
河川

社会資本整備

  • 首都圏の水資源状況について

    利根川水系鬼怒川流域

    五十里ダム、川俣ダム、川治ダム、湯西川ダムの現在の状況をお知らせします。

    1.降水量

    鬼怒川佐貫上流域降水量
    年・月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月  12月 合計
    平成6年 15 118 77 21 126 103 159 218 551 122 25 48 1,583
    平成8年 46 69 79 67 113 103 176 109 211 66  65 36 1,140
    平成25年 45 35 14 147 46 171 177 172 411 301 29 66 1,614
    平成27年 55 67 82 68 61 204 276 201 624 28 112 47 1,825
    平均値
    (S47-H27)
    49 55 72 104 124 184 228 271 289 148 87  47 1,658
    平成28年 66 35 31 109 63 118             422
    平均値に対する割合(%) 135 63 43 105 51 64             25
    ・単位はmm。
    ・降水量は速報値。
    ・平成28年6月は、25日までの雨量。

    2.ダムの貯水状況

    鬼怒川上流3ダム貯水容量
    ダム名 有効容量
    (万m3)
    貯水量
    (万m3)
    貯水率
    (%)
    前日補給量
    (万m3/日)
    平均値に対する割合
    (%)
    五十里ダム 1,650 441 27 -21 49
    川俣ダム 5,290 3,265 62 98 79
    川治ダム 4,945 2,923 59 -25 79
    湯西川ダム 5,031 3,322 66 23 88
    4ダム合計 16,916
    ※1
    9,951
    ※2
    59
    ※3
    75
    ※4
    79
     ※5
    ・平成28年6月26日 0時現在

    ※1 ・有効容量は、夏期制限容量。
    ※2 ・貯水量は速報値。
    ※3 ・貯水率は、有効容量(夏期制限容量)に対する貯水量の割合。
    ※4 ・前日補給量とは前日の貯水量と本日の貯水量の差。
        (値が負の場合は、放流量より流入量が多く、ダムに水を貯留している状況です。値が正の場合は、流入量より放流量が多く、ダムに貯留した水を流している状況です。)
    ※5 ・平均値に対する割合とは本日の貯水量と貯水量の平均値(平成25年〜平成27年)に対する割合。
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369