利根川ダム統合管理事務所ホーム > ダムの情報 > ダムの役割 > 洪水期(7/1〜9/30)と非洪水期(10/1〜6/30)の貯水池運用

ダムの情報

  • ダムの役割

    洪水期(7/1〜9/30)と非洪水期(10/1〜6/30)の貯水池運用

    7/1と10/1に貯水率の計算が切り替わります。

    ●洪水期と非洪水期で貯水率を計算する分母が変わります。

     ダムの目的には、洪水を貯める治水機能とダムに貯めた水を用いてかんがい用水、水道用水、発電等に利用する利水機能があります。
    洪水期(7/1〜9/30)には、洪水を貯めるために必要な容量をあけた運用を行います。
    又、非洪水期(10/1〜6/30)には、その容量に利水のために必要な水を貯めます。

    貯水容量図1

    <計算例>
    貯水率の計算式
     当日の貯水量 ÷ 有効容量
      6月30日までは、常時満水容量の46,163万m3
      7月 1日からは、夏期制限容量の34,349万m3

     6月30日の貯水率 30,877万m3/46,163万m3=66.9%
     7月 1日の貯水率 30,877万m3/34,349万m3=89.9%
     
    となり、7月1日を境に貯水率を計算する分母が異なるため、同じ貯水量でも貯水率が変わります。

    貯水容量図2

    ●利根川上流8ダムの利水容量

    7月1日から各ダムに貯めることができる貯水量は、夏期制限容量になります。

    利水容量表

    薗原ダムにおける弾力的管理試験について

     薗原ダムでは弾力的管理試験を実施します。このため、洪水貯留準備水位以上にダムに貯留する運用を行うことから、貯水量が洪水期の利水容量(300万m3)以上となることがあります。

     【ダムの弾力的管理とは】
      ダム下流の無水区間の解消等、水環境の改善を目的に、洪水を貯める容量に支障を及ぼさない範囲で貯留し、放流するものです。

     【薗原ダムの弾力的管理試験】
      薗原ダムでは、平成9年度から弾力的管理試験を実施しており、7月1日〜9月30日の洪水を貯めるための容量内に最大約180万m3を貯留し、この水をダムから放流することにより、ダム下流の無水区間の解消等を行ってきています。

    弾力的管理図
国土交通省 関東地方整備局 利根川ダム統合管理事務所
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町593-1 電話:027(251)2021