八ッ場ダム工事事務所ホーム > 八ッ場ダムの役割 > 八ッ場ダムの目的

八ッ場ダムの目的

1.洪水調節

 利根川水系河川整備基本方針の基本高水は、そのピーク流量を基準地点八斗島において、22,000m3/sとし、このうち流域内の洪水調節施設により、5,500m3/sを調節して、河道への配分流量を16,500m3/sとしています。
 八ッ場ダムは、これら基本方針の洪水調節施設の一つであり、利根川上流部の洪水調節と相まって、洪水調節容量6,500万m3をもって、八ッ場ダム地点における計画高水流量3,000m3/sのうち、2,800m3/sの洪水調節を行い、利根川の基準地点八斗島において洪水時のピーク流量を低減させ、治水安全度の向上を図ります。

洪水調整図

※ この図は、ダムからの放流量がダムへの流入量を下回っている状況における洪水調整操作を模式的に示したものです。

2.流水の正常な機能の維持

 ダム下流に位置する名勝吾妻峡の景観等を保全するための流量を確保し、吾妻川の流況の改善を図ります。

3.新規都市用水の供給

 群馬県および下流都県の新規都市用水として、最大22.209m3/sの供給を可能とします。
 1)水道用水(最大21.389m3/s)
  群馬県、藤岡市、埼玉県、東京都、千葉県、北千葉広域水道企業団、印旛郡市広域市町村圏事務組合、茨城県
 2)工業用水(最大0.82m3/s)
  群馬県、千葉県

4.発電

 ダム下流に群馬県により新設される八ッ場発電所において、最大出力11,700kwの発電を行います。

国土交通省 関東地方整備局 八ッ場ダム工事事務所
〒377-1395 群馬県吾妻郡長野原町大字与喜屋11 電話:0279(82)2311(代表)