ホーム > 河川 > 防災 > 洪水 > 治水施設のはたらき
河川

治水施設のはたらき

関東地方においてこれまで整備してきた治水施設の役割や効果等の事例を紹介します。

  ・鬼怒川上流4ダムにより洪水被害を軽減〜約1億立方メートルを貯める〜
  ・湯西川ダム完成により川治温泉の浸水被害を回避しました。
  ・湯西川ダム関連施設を活用して、地域の観光業及び主要道路の災害復興を支援〜秋の紅葉シーズンを前に供用開始〜
  ・鬼怒川上流ダム群で約1万立方メートルの流木を捕捉しました。

平成28年2月26日時点
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369