国土交通省 関東地方整備局 日光砂防事務所
日光砂防事務所ホーム > 事業紹介 > 事業のあらまし

事業のあらまし

日光砂防事務所の管内流域

日光砂防事務所の管内流域図


 当事務所が管轄する区域は、栃木県の1/4を占める日光市の全域に広がり、栃木県・茨城県を流れ後に利根川に合流する鬼怒川の上流域です。  

 区域の大半が日光国立公園に含まれ、男体山や女峰山などの標高2000mを超える山々や、世界文化遺産である日光の社寺(日光東照宮・二荒山神社・輪王寺)をはじめとする国宝・重要文化財などが数多く存在し、年間を通じて国内外から多くの人々が訪れる観光地となっています。 
  日光は険しい地形、もろい地質、厳しい気候による荒廃が目立ち、大雨によって発生した土砂災害で過去に幾度となく被害を受けてきたことから、上流域から有害な土砂の流出を調節し氾濫の被害を軽減させる砂防事業を展開しています。

国土交通省 関東地方整備局 日光砂防事務所
〒321-1414 栃木県日光市萩垣面2390 電話:0288(54)1191