日光砂防事務所ホーム > 事業紹介 > 事業のあらまし > 山腹工(さんぷくこう)とは

事業紹介

  • 事業のあらまし

    山腹工(さんぷくこう)とは

    山腹工


     地震や豪雨により崩れた斜面をそのまま放置しておくと、その後の降雨により崩壊が拡大して下流へ土砂が流出してしまいます。
     また、崩壊した斜面は安定せず、植物の生育が難しく崩壊が拡大するという悪循環になってしまいます。
     山腹工は、こういった山の崩壊斜面の拡大を防ぐため、柵や壁を設置して土の動きを抑える土留工(どどめこう)や土が流れ出さないよう草木を植える緑化工を行い、土砂が流出しない安定した山肌に戻す工事のことです。
     

    山腹工説明図
国土交通省 関東地方整備局 日光砂防事務所
〒321-1414 栃木県日光市萩垣面2390 電話:0288(54)1191