管内の維持管理の概要 (路線、延長)

■管内23路線の一般国道及び1路線の高速自動車国道の維持管理(修繕、除雪、防雪等を含む)を行っている。管理区間延長は2,434kmで、この維持管理には管内12カ所の事務所が担当。

管内の維持管理の概要

・一般国道:1号、4号、6号、14号、15号、16号、17号、18号、19号、20号、50号、
 51号、52号、126号、127号、138号、139号、141号、246号、254号、298号、
 357号、409号

・高速自動車国道:中部横断自動車道(佐久市〜小諸市)



関東地方整備局管内の橋梁及びトンネルの状況

■橋梁について

関東地方整備局が管理する道路橋2,780 箇所のうち、全体の34%にあたる約940 箇所が一般に高度経済成長期と言われる1955 年から1973年にかけて建設されています。今後これらの橋の高齢化が一層進んでいきます。

建設年度別の橋梁箇所数の分布建設年度別の橋梁箇所数の分布

△上へ戻る



建設から50年以上経過する橋梁の推移

建設後50 年以上を経過した橋は、20 年後には全国で67%、関東地方整備局管内では62%まで急激に増加します。

関東地方整備局管内の橋梁 全国の橋梁 グラフ

△上へ戻る



■トンネルについて

•関東地方整備局管内において、国が管理しているトンネルは105トンネル
•2012年時点で建設から50年以上経過しているトンネルは43箇所(41%)
•20年後には、50年以上経過するトンネルが64箇所(61%)に増加


△上へ戻る



損傷等で年々通行規制等が増加

橋の老朽化や損傷等に伴う重量制限により、通行止めなどの通行規制等を全国で実施しています。
その大部分は地方公共団体が管理する橋であり、特に、市区町村が管理する橋で増加。
そのため、市区町村における橋梁補修に関する取り組みを促進するため、長寿命化修繕計画に基づく橋梁補修事業を推進しています。

関東地方整備局管内 通行止め・通行規制橋梁位置図

△上へ戻る