国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
横浜国道事務所ホーム > 過去のお知らせ > 2018年度(平成30年度) > 平成30年7月豪雨の被災地(岡山県倉敷市真備町)へ災害支援資材(土のう袋)を提供・輸送しました。

平成30年7月豪雨の被災地(岡山県倉敷市真備町)へ災害支援資材(土のう袋)を提供・輸送しました。

2018年07月17日

  •  横浜国道事務所は、台風第7号及び前線による災害に伴い、平成30年7月豪雨被災地(岡山県倉敷市真備町)への支援を実施するため、資材(土のう袋4万6,190袋)を提供・輸送しました。


    ■概要
    ・倉敷市真備町より、国に対し、土のう袋150万袋の提供について支援要請があり、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所が4万6,190袋調達し本日輸送。
    ■輸送に当たり、下記のとおり出発式を行い、被災地に向けて出発いたしました。
    (1)日時 : 平成30年7月17日(火) 10:30〜
    (2)場所 : 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町13−2
    横浜国道事務所正面玄関前駐車場


    <横浜国道事務所 淡中所長>
    被災地へ輸送派遣されるにあたり、被災地の復旧・復興のためにお役に立てるよう、物資輸送にご尽力願います。
    なお、輸送の安全と、熱中症対策には十分ご留意ください。

    <資材輸送者((株)ガイアート)>
    事故の無いよう十分に気をつけます。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所
〒221−0855 横浜市神奈川区三ッ沢西町13−2
TEL:045−311−2981(代表) FAX:045−316−3551