国土交通省 関東地方整備局 利根川ダム統合管理事務所
利根川ダム統合管理事務所ホーム > ダムの情報 > 奈良俣ダム

ダムの情報

  • 奈良俣ダム

    奥利根の原生林や自然林に囲まれた湖で、至仏山や笠ヶ岳の素晴らしい景観を満喫できます。

    奈良俣ダムは、楢俣川に位置するロックフィルダムで、昭和53年から水資源開発公団奈良俣ダム建設所により建設が始まり、平成3年に完成し、矢木沢ダムとともに水資源公団沼田総合管理所により管理が開始されました。
    ※「水資源開発公団」は平成15年10月1日より「独立行政法人 水資源機構」に改組されました。

    奈良俣ダム上空写真

    ダムの目的

    1)洪水調節
    治水容量1,300万m3を利用し、ダム地点の計画高水流量370m3/sのうち360m3/sの調節を行います。

    2)流水の正常な機能の維持
    利水容量(洪水期7,200万m3、非洪水期8,500万m3)を利用して、既得用水の安定化及び河川環境の保全等のための流量を確保します。

    3)かんがい用水の供給
    利水容量(洪水期7,200万m3、非洪水期8,500万m3)を利用して、千葉県東総用水に対し、灌漑期平均0.69m3/sの取水を可能にします。

    4)都市用水の供給
    利水容量(洪水期7,200万m3、非洪水期8,500万m3)を利用して、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都の都市用水として別途実施事業を合わせ、8.695m3/sの取水を可能にします。

    5)発電
    群馬県が新設する奈良俣発電所により最大12,400kWの発電を行います。

    ダムの主な諸元

    型式:ロックフィル
    堤体積:13,100千m3
    堤高:158m
    堤頂長:520m
    貯水池名:ならまた湖
    流域面積:95.4km2(直接:60.1km2)
    湛水面積:約2km2
    竣工:平成3年

    洪水調節図

    奈良俣ダム洪水調節図

    容量配分図

    奈良俣ダム容量配分図
国土交通省 関東地方整備局 利根川ダム統合管理事務所
〒371-0846 群馬県前橋市元総社町593-1 電話:027(251)2021