ホーム > 技術情報 > 生産性向上の取組 > 新技術・技術開発
技術情報

新技術・技術開発

  • 新技術情報提供システム(NETIS)

    建新技術情報提供システム(NETIS:New Technology Information System)とは、国土交通省が新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として整備したデータベースシステムです。

  • テーマ設定型(技術公募)

    現場ニーズに基づき募集する技術テーマを設定し、民間等の優れた新技術を公募して現場実証により各技術の特徴を明確にすることにより、工事等の発注にあたって発注者が新技術を指定し活用を促進する取組みをいいます。

  • 新技術活用の原則義務化

    新技術の活用促進と新たな技術開発の活性化の好循環を起こし、生産性向上や激甚化・頻発化する災害への対応、最新技術を活用する産業として担い手確保等に資するため令和2年度より、国土交通省直轄土木工事における新技術の活用を原則として義務化しています。

  • 現場ニーズと技術シーズのマッチング

    「i-Construction」を推進するため、様々な分野の産学官が連携して、IoT・人工知能(AI)などの革新的な技術の現場導入や3次元データの活用などを進めることで、生産性が高く魅力的な新しい建設現場の創出を目的に“現場ニーズと技術シーズのマッチング”を行っています。

  • 建設技術フォーラム

    「建設技術フォーラム」は、建設技術者(発注者・受注者)を主な対象者として建設技術の開発活用促進のため、技術発表、技術展示、講演などによる情報発信を目的として実施しています。

  • その他

    新技術・技術開発にかかるその他の取組はこちらに掲載しています。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369