荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > 荒川の概要 > 荒川データ

荒川を知ろう

  • 荒川の概要

    荒川データ

    データで見る荒川

    水源 奥秩父・甲武信ヶ岳(標高 2,475m)
    流域面積 2,940平方キロメートル
    幹川流路延長 173km(一級河川 荒川起点の碑〜東京湾河口)
    流域内人口 975万人(平成22年3月河川現況調査)
    流域内人口密度 3,318.3人/平方キロメートル(平成22年3月河川現況調査)
    流域内資産 約190兆円(平成22年3月河川現況調査)
    想定氾濫区域面積 1,732平方キロメートル(平成22年3月河川現況調査)
    想定氾濫区域内人口 約760万人(平成22年3月河川現況調査)
    想定氾濫区域内資産 約142兆円(平成22年3月河川現況調査)
    川幅の最大値 約2.5km(御成橋付近・吉見町)

    河川の基礎知識

    【「一級水系」と「一級河川」】
    甲州・武州・信州の頭の文字をとって甲武信ヶ岳(こぶしがたけ・標高2,475m)と名付けられた奥秩父の山の中で、荒川の流れが始まります。ちなみに、甲武信ヶ岳から山梨県(甲州)側には笛吹川、埼玉県(武州)側には荒川、長野県(信州)側には千曲川が流れ出ています。
     
    河川法では、海に河口がある河川の本流を本川、本川に流れ込む河川を支川、これら一連のまとまりを水系と呼び、数ある水系の中から国土保全上あるいは国民経済上、特に重要な水系を「一級水系」と定めています。  荒川水系も一級水系です。
     
    関東地方整備局管内では荒川水系の他、利根川水系,多摩川水系,鶴見川水系,相模川水系,富士川水系,久慈川水系,那珂川水系が一級水系に指定されています。

    【河川の名称】

    河川の名称

    【堤防の名称】

    堤防の名称
国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371