荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > 荒川の概要 > 上流・中流・下流の概要

荒川を知ろう

  • 荒川の概要

    上流・中流・下流の概要

    上流部

    上流部写真2

     上流部は秩父山地の自然が美しく、中でも天然記念物に指定されている長瀞渓谷は有名です。
     渓谷や岩畳だけでなく、四季折々の花も楽しませてくれます。

    中流部

    中流部写真1

     武蔵野台地・大宮台地に挟まれた沖積低地を1/1,000から1/5,000の勾配で緩やかに蛇行しながら流れています。
     河川敷は公園やグラウンドなどに利用されています。
     また沿川の地域では農地開発が行われて水田地帯が広がる一方、都市化も進んで内水被害などの問題も起きています。
     将来的には調整池群を建設する予定で、現在、そのうちの第一調整池が平成15年度に完成しました。

    下流部

    下流部写真

     沿川の地域は、商工業を中心とした市街地が密集しています。
     長年この一帯は水害に悩まされてきましたが、放水路工事をはじめとする改修工事で被害は減少したといえます。
     しかし、都市化が進むにつれて内水氾濫などの水害も起こるようになり、現在も内水排除等の対策が進められています。

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371