鶴見川の姿

流域の形が悪い夢を食べて良い夢を人々に残すとの伝承もある動物のバクに似ていることから「鶴見川流域はバクの形」としても親しまれています。

過去の水害

鶴見川の特徴は、河道が蛇行しており、市街化が進んだことで保水力・遊水力の高い森林や田畑が減ってしまい水害が起こりやすいこと。そのため鶴見川流域は古くから洪水氾濫を繰り返してきました。

水マスって?

健全な水循環を創出し、鶴見川流域が抱える課題を総合的に解決するための計画です。

バーチャル流域ツアー

鶴見川流域には、水マスにに関係する様々な施設があります。バーチャルツアー体験してみよう!

5つのマネジメント

「治水」を基本としつつ5つの課題を流域連携で推進する「鶴見川流域水マスタープラン」が、関係行政の長による「推進宣言文」への署名によって合意され、現在に至っています。

水マス活動の取り組み状況

国や流域の各自治体では、水マスの5つのマネジメントに関連した様々な取り組みを行っています。その取り組み事例をご紹介いたします。