利根川下流河川事務所ホーム > 防災・災害情報 > 重要水防箇所

防災・災害情報

  • 重要水防箇所

    洪水時に危険が予想され、重点的に巡視点検が必要な箇所について掲載しています。

    重要水防箇所とは

      洪水時に特に注意が必要な箇所を重要水防箇所といいます。

     ●堤防の高さが低い箇所
     ●堤防の幅が細い箇所
     ●過去に堤防が崩れた箇所
     ●川の水あたりの強い箇所
     ●過去に堤防から水がにじみだしたことのある箇所
     ●橋の桁下が低い箇所
     ●堤防工事から3年以内の箇所
     ●昔、川が流れていた箇所
     ●樋門・樋管

      洪水時には、地元の水防団の方々が中心となって利根川・小貝川・手賀川の当事務所管理区間を見廻りますが、上記のような箇所は特に重点的に見廻り、異常が発見された時は堤防が壊れないように迅速に水防工法が施されます。

    河川別一覧

    評定基準

    ■評定基準(案)

    評定基準(案) 評定基準(案)
国土交通省 関東地方整備局 利根川下流河川事務所
〒287-8510 千葉県香取市佐原イ4149 電話:0478(52)6361