ホーム > 河川 > 防災 > 渇水 > 渇水はなぜ起こる > 家庭での節水
河川

防災

  • 渇水

    渇水はなぜ起こる

    家庭での節水

    あなたの生活のこんな場面に

    節水チャンス

    ※平均的4人家族の1日の水の使われ方 参考資料:国土庁「水資源白書」 (注)東京都水道局調べ

    洗濯での節水チャンス

    洗濯での節水チャンス
    ●まとめて洗おう!
     洗濯の回数を減らすことになります。

     

    ●お風呂の残り湯を利用!
     洗濯にお風呂の残り湯を利用すれば、1回で約50リットルの節水になります。

     

    お風呂での節水チャンス

    お風呂での節水チャンス

    使う前に
    沸かしすぎ、張りすぎに注意!
     熱すぎると大量の水が必要になります。
    お湯の止め忘れも水のムダ使い。お風呂ブザーなどの便利な器具を使いましょう。

    使うとき
    長時間のシャワーは水のむだ使い!
     シャワーは1分間に約12リットルの水を使いますから、15分も使えばお風呂一杯分の水になってしまいます。

    使った後
    残り湯の再利用を考えよう!
     一般家庭の浴槽は大体200リットルの水が入ります。毎日使えば一家庭で年間約7万3千リットル(ペットボトルで約5万本)にもなります。温かい残り湯は洗濯に、洗車や樹木の散水にも再利用できます。
     水の汚れが目立たないときは、もう一度沸かして利用しましょう。

    炊事での節水チャンス

    炊事での節水チャンス

    使う前に
    食器洗いは油分を紙でふき取ってから!
     水の節約だけでなく洗剤も減らすことができ、下水処理場の処理負荷の軽減、河川の汚濁防止にもなります。

    使うとき
    流しっぱなし洗いはストップ!
     流しながら洗うと平均110リットル使いますが、ため洗いだと約20リットル位で済み、5分の4も節約できます。

    使った後
    捨てる水は樹木の散水に利用!
     野菜やお米を洗った水をため、樹木などへの散水に利用しましょう。河川の汚濁防止にもなり、一石二鳥です。

    洗車で節水チャンス

    洗車で節水チャンス
    こんな場面でも・・・

    ●歯磨きの水はコップに取って!
     コップに汲んで磨くと3杯程度(約0.6リットル)で済み、流しっぱなしに比べて約5リットルも節約できます。

    ●洗車はバケツに水を汲んで!
     ホースからの流し洗いは20分で約240リットルの水を使います。バケツなら約5杯30リットルで済みます。

    あなたも得する節水効果

    あなたも得する節水効果
    節水チャンスは得するチャンス
     例えば、洗濯の水としてお風呂の残り湯を最初1回だけでも再利用すれば、約50リットルの節水になります。もし、首都圏の全ての世帯でこうした節水を行えば、約270万人分の1日の生活用水を確保できることになります。また、1世帯あたり毎日50リットルの節水は、水道料金1ヶ月あたり5%、約500円の節約(平均的な4人家族の世帯)になります。
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369