ホーム > 河川 > 防災 > 渇水 > 渇水はなぜ起こる > 渇水の発生状況と頻度
河川

防災

  • 渇水

    渇水はなぜ起こる

    渇水の発生状況と頻度

    渇水は、全国で頻繁に発生しています。

    これまでの渇水の発生状況
     昭和30年以降をとってみても、渇水が発生しなかった年はなく、また、すべての都道府県で渇水が生じています。
     とくに深刻な影響を与えた渇水は、昭和39年の東京(東京オリンピック渇水)、昭和48年の高松(高松砂漠)、昭和53年の福岡(福岡渇水)、昭和56 年の沖縄、昭和59年の中部圏・近畿圏、昭和62年の首都圏、平成6年の全国的な渇水(列島渇水)などがあり、記憶に新しいところでは平成8年の首都圏の渇水があります。
    全国の渇水発生状況 全国の渇水発生状況

    過去の主な渇水

    参考資料:国土庁「水資源白書」(平成7年版)

        都市名 主要河川 給水制限
    期 間 日数
    昭和39年 東京オリンピック渇水 東京都 多摩川 7月10日〜10月1日  84 
    42年 長崎渇水 長崎市   9月25日〜12月5日  72 
    48年 高松砂漠 高松市   7月13日〜9月8日  58 
    53年 福岡渇水 福岡市 筑後川 5月20日〜翌3月24日  287 
    56年   那覇市他   7月10日〜翌6月6日  326 
    59年   東海市他 木曽川 8月13日〜翌3月31日  213 
    大阪市他 淀川 10月8日〜翌3月31日  156 
    62年 首都圏渇水 東京都他 利根川・荒川 6月16日〜8月25日  71 
    平成6年 列島渇水 高松市 吉野川 7月11日〜9月30日  67 
    松山市 重信川 7月26日〜11月25日  123 
    福岡市 筑後川 8月4日〜翌5月31日  295 
    佐世保市   8月1日〜翌3月5日  213 

    ■首都圏(※)では、1年を通して水不足の傾向にあります。

     首都圏の水の供給は、主に河川水に頼っていますが、利根川水系では昭和47年〜平成8年の25年間に10回、荒川水系では13回の渇水(取水制限)が発生しています。
     最近は、水の需要の増える夏だけでなく冬にも発生したり、また、給水地区の拡大に伴って影響が広い地域に及ぼされるなど、季節を問わず、かつ広域化の傾向にあります。

    水源と供給区域 水源と供給区域

    ※首都圏とは、東京都、埼玉県、千葉県、
     神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県をさします。

    水源と供給区域拡大図

    首都圏の主な渇水

    資料:国土交通省調べ

    水 系 発生年 取水制限 最大取水制限率(%)
    期 間  日数   上水   工水   農水 
     利根川水系   昭和47年 6月6日〜7月15日 40 15 15
      48年 8月16日〜9月6日 22 20 20
      53年 8月10日〜10月6日 58 20 20 20
      54年 7月9日〜8月18日 41 10 10 10
      55年 7月5日〜7月8日 4 10 10 10
      57年 7月20日〜8月10日 7 10 10 10
      62年 6月16日〜8月25日 7 30 30 30
      平成2年 7月23日〜9月5日 18 20 20 20
      6年 7月22日〜9月19日 60 30 30 30
      8年 1月12日〜3月27日 75 10 10 10
        8月16日〜9月25日 41 30 30 30

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369