鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > 湯西川ダム

湯西川ダム

鬼怒川上流4ダムの中で一番新しいダム

首都圏域としての発展がめざましい鬼怒川や利根川下流域。急速な都市化・ライフスタイルの変化に伴う水需要が急増しています。この水需要に応えるとともに、流域を洪水の被害から守るために、鬼怒川上流のダム群の一つとして建設されたのが湯西川ダムです。

湯西川ダム

・湯西川ダムは特定リフトにおいて効率化を進めた巡航RCD工法を採用しており、堤体コンクリート体積約100万m3に対して、実打設期間19ヶ月という短期間での施工を実現した。

ダム諸元

型式 重力式コンクリートダム
地質 火山礫凝灰岩
堤高 119.0m
堤長 320m
堤体積 1,060,000m3

位置図

位置図

貯水池の諸元

集水面積 102.0km2
湛水面積 1.98km2
有効貯水量 7,200万m3

重力式コンクリートダムの特徴

ダムの特徴

貯水地からの水圧をダムの重さで支えるコンクリートでつくられたダム。岩盤の頑丈な場所であることが重要です。

国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341