鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > 川俣ダム

川俣ダム

アーチ式ダムとしての先駆け

川俣ダムは、鬼怒川改修工事の一環として計画され、昭和41年に完成した鬼怒川の最も上流に位置するダムです。洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水の供給、発電のためにつくられた、アーチ式コンクリートダムです。
ダムサイトは、瀬戸合峡と呼ばれる奥鬼怒の景勝地であり、新緑・紅葉の季節の景観は素晴らしく、多くの観光客でにぎわっています。

川俣ダム

ダム諸元

型式 アーチ式コンクリートダム
地質 石英粗面岩質熔結凝灰岩
堤高 117.0m
堤長 131m
堤体積 167,500m3

位置図

位置図

貯水池の諸元

集水面積 179.4km2
湛水面積 2.59km2
有効貯水量 7,310万m3

アーチ式コンクリートダムの特徴

アーチ式コンクリートダムの特徴

上から見た形がアーチのようなのでこの名前で呼ばれ、水圧の大部分をダムの両側の岩盤で支えています。コンクリートを薄くすることが可能です

国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341