鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > 五十里ダム

五十里ダム

利根川水系鬼怒川のあけぼの

五十里ダムは、鬼怒川の支川である男鹿川に、昭和31年、当時日本で最も高いダム(112m)として完成しました。洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水の供給、発電を目的としてつくられた、重力式コンクリートダムです。

五十里ダム

ダム諸元

型式 重力式コンクリートダム
地質 花崗岩
堤高 112m
堤長 267m
堤体積 468,000mm3

位置図

五十里ダム位置図

貯水池の諸元

集水面積 271.2km2
湛水面積 3.1km2
有効貯水量 4,600万m3

重力式コンクリートダムの特徴

重力式コンクリートダムの特徴

貯水地からの水圧をダムの重さで支えるコンクリートでつくられたダム。岩盤の頑丈な場所であることが重要です。

国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341