霞ヶ浦導水工事事務所ホーム > 霞ヶ浦導水事業の概要

霞ヶ浦導水事業の概要

 霞ヶ浦導水事業は、那珂川、霞ヶ浦および利根川をつなぐ広範囲にわたる事業です。
 那珂川、霞ヶ浦および利根川は、水資源の安定的かつ広域的な供給等に重要な役割を果たし、流域の産業・経済の発展に寄与してきました。
 しかし、産業の発展や都市化の進展によって、霞ヶ浦や水戸市を流れる桜川等の水質汚濁、那珂川や利根川における渇水の発生など、さまざまな問題が発生するようになり、流域全体で水質浄化、安定した水資源の確保に向けた取り組みが進められています。
 霞ヶ浦導水事業は、関東地方における水のネットワークを構成し、限りある水資源を有効に活用することにより、これらの問題の解決に貢献するものです。

・ここをクリックすると図が大きくなります。[PDF:317KB]

霞ケ浦導水事業の位置

那珂川、霞ヶ浦、利根川の水を地下トンネルを通じてやりとり

事業では那珂川下流部、霞ヶ浦および利根川下流部をつなぐ地下トンネルを建設し、相互に水をやりとりします。それぞれの河川に必要な水量を残した上で、余裕のある水を有効に活用し河川の流況を改善します。

地下トンネルのやりとり
  • 流況調整河川のしくみ

    霞ヶ浦導水事業は、那珂川、霞ヶ浦、利根川を結ぶ流況調整河川を整備する事業です。

  • 霞ヶ浦導水を構成する施設

  • 那珂導水路

    那珂導水路(長さ約43km)は、那珂川と霞ヶ浦をつなぎ、深さ約20〜50mの地中に設けられます。

  • 利根導水路

    利根導水路は利根機場、樋管2箇所とトンネルで構成されており、水資源開発公団(現在の水資源機構)の霞ヶ浦開発事業の共同施設として建設されました。

国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦導水工事事務所
〒300-0812 茨城県土浦市下高津2-1-3 電話029(822)3007