荒川上流河川事務所ホーム > 防災情報 > 荒川水系荒川浸水想定区域

荒川水系荒川浸水想定区域

平成13年7月に水防法の一部が改正され、国土交通大臣等により浸水想定区域の指定・公表等が義務づけられ、今回、荒川においても浸水想定区域を指定・公表いたしました。

荒川水系荒川浸水想定区域図とは

1.説明文
(1) この浸水想定区域図は、荒川水系荒川(河口から上流84.4Kまで)と支川の入間川(荒川合流点から上流16.1Kまで)、越辺川(入間川合流点から15.0kまで)、小畔川(越辺川合流点から5.3Kまで)、高麗川(越辺川合流点まで6.4Kまで)、都幾川(越辺川合流点から6.6Kまで)の洪水予報区間で洪水はん濫した場合において、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深を示したものです。

(2) この浸水想定区域は、現在の荒川水系の河道整備状況、二瀬ダム・浦山ダム・荒川第一調節池等の洪水調節施設の状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね200年に1回程度起こる大雨が降ったことにより荒川やその支川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3) このシミュレーションの実施にあたっては、隅田川・新河岸川等の支派川や隣接する利根川・江戸川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫(雨水が河川に排水できなくなり生じる浸水被害)等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

(4) なお、荒川の左岸については、隣接する洪水予報指定河川利根川及び江戸川のはん濫の影響が考えられますので、別途、利根川水系利根川・江戸川浸水想定区域を参照する必要があります。

2.基本事項等
(1)作成主体
国土交通省関東地方整備局 荒川上流河川事務所
国土交通省関東地方整備局 荒川下流河川事務所

(2) 指定年月日
平成17年7月8日

(3) 告示番号
国土交通省関東地方整備局告示第359号(荒川)
国土交通省関東地方整備局告示第360号(入間川)
国土交通省関東地方整備局告示第361号(越辺川)
国土交通省関東地方整備局告示第362号(小畔川)
国土交通省関東地方整備局告示第363号(高麗川)
国土交通省関東地方整備局告示第364号(都幾川)

(4) 指定の根拠法令
水防法(昭和24年法律第193号)第14条の4第1項

(5) 対象となる洪水予報河川
荒川水系荒川
(実施区間:埼玉県深谷市から海まで、昭和30年9月29日付け運輸省・建設省第3号告示、昭和48年10月9日一部改正、平成3年3月27日号外運輸省・建設省第2号告示全文改正、平成17年3月31日一部改正)
荒川水系入間川
(実施区間:左岸 埼玉県川越市大字的場から荒川への合流点まで、右岸 埼玉県川越市大字的場から荒川への合流点まで、平成17年3月31日告示)
荒川水系越辺川
(実施区間:左岸 埼玉県比企郡鳩山町から入間川との合流点まで、右岸 埼玉県入間郡毛呂山町から入間川への合流点まで、平成17年3月31日告示)
荒川水系小畔川
(実施区間:埼玉県川越市大字吉田から越辺川への合流点まで、平成17年3月31日告示)
荒川水系高麗川
(実施区間:埼玉県坂戸市大字森戸から越辺川への合流点まで、平成17年3月31日告示)
荒川水系都幾川
(実施区間:左岸 埼玉県東松山市大字石橋から越辺川への合流点まで、右岸 埼玉県東松山市大字下唐子から越辺川への合流点まで、平成17年3月31日告示)

(6) 指定の前提となる計画降雨
荒川流域の3日間総雨量548mm

(7) 関係市町村
<東京都>
千代田区、中央区、港区、台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区
<埼玉県>
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、加須市、東松山市、春日部市、羽生市、鴻巣市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、ふじみ野市、三郷市、蓮田市、幸手市、吉川市、伊奈町、川島町、吉見町、騎西町、宮代町、白岡町、菖蒲市、栗橋町、鷺宮町、杉戸町、松伏町、三芳町、坂戸市、江南町、鳩山町、毛呂山町


荒川水系荒川浸水想定区域図

荒川水系荒川浸水想定区域図 荒川水系荒川浸水想定区域図
凡例 凡例
国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371