国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
関東技術事務所ホーム > 事務所紹介・連絡先・案内図 > 業務概要 > 防災拠点、災害対策技術

事務所紹介・連絡先・案内図

  • 業務概要

    防災拠点、災害対策技術

    災害時の出動

     地震や台風などの自然災害に備え、関東技術事務所および船橋防災センターには多くの災害対策用機械や応急復旧用資機材が配備されています。また、当事務所は、災害対策本部である関東地方整備局が被災した場合のバックアップ本部に位置付けられています。さらに、首都直下地震等における他整備局からの応援TEC-FORCEの受け入れ、派遣先の命令伝達、連絡調整を行うTEC-FORCE進出本部に位置付けられています。
     災害時には、本部長指令に基づく災害対策用機械の出動や応急復旧用資機材の搬送を行うため、災害対策活動に従事する職員および協定会社の要員に対する訓練を平時から行っています。
     また、災害対策活動から得られた教訓を生かし、災害対策用機械の改善検討や新たな災害対策技術についての調査も実施しています。

    船橋防災センターの役割 千葉県船橋市にある船橋防災センターは、主に関東地方整備局管内で発生した災害への応急復旧活動を支援するための資機材の備蓄ならびに広域防災拠点としての役割を果たしています。
    船橋防災センター構内図
    • TECFORCE車両基地への集結(令和元年台風19号) TECFORCE車両基地への集結
    • 被災地での災害活動(排水ポンプ車による排水活動※令和元年台風19号) 被災地での災害活動
    • 緊急物資の受入れ・搬出拠点(令和元年台風19号) 緊急物資の受入れ・搬出拠点
    災害対策用機械の操作訓練 災害対策用機械の操作訓練

    排水ポンプ車調査検討

     排水ポンプ車を災害現場で効率的に設置及び運用するために、排水ポンプの最適な規格を選定し、併せて搭載機器を含めた排水ポンプ仕様の決定を行います。
     また、既存排水ポンプ車についてメーカー間の異なるインバータと排水ポンプの緊急運転を可能とするための技術検討を進めています。

    異なるメーカーのポンプとインバータ設定値標準化検討 異なるメーカーのポンプとインバータ設定値標準化検討

    無人化施工機械の運用システム検討

    復旧を迅速に行う事が必要とされている地震による河道閉塞・法面崩壊や火山噴火による火砕流・土石流等の災害現場において、無人化施工機械が作業現場へ確実かつ迅速に移動するために必要な情報を与える移動ガイダンス装置についての検討を進めています。

    無人化施工機械の運用システム検討 無人化施工機械の運用システム検討
国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
〒270-2218 千葉県松戸市五香西6-12-1 電話:047(389)5121