ホーム > 地域づくり > 関東の富士見百景 > 【50】房総半島(鋸南町)からの富士(千葉県)
地域づくり

関東の富士見百景

  • 【50】房総半島(鋸南町)からの富士(千葉県)

    • 元名海岸 元名海岸
    • 鱚ヶ浦海岸 鱚ヶ浦海岸

    選定地点の魅力

    ●元名海岸
    房総半島の西海岸に位置する元名海岸は、江戸時代の歌川広重が浮世絵「房州保田海岸」を描いた箇所でもあります。鋸南町のほとんどの海岸から富士山を望むことができ、小高い丘や山、特に鋸山からより美しい富士山を眺めることができます。1月~2月の空気の澄んだ早朝や夕刻には、富士山を望むことができます。
    ●鱚ヶ浦海岸
    鱚ヶ浦海岸からは、対岸の神奈川県観音崎から城ヶ島あたりまで眺望でき、空気の澄んだ日に見える青い富士山は、歌川広重の浮世絵、富士36景の一つ「房州保田海岸」として描かれています。年間を通して富士山を見ることができ、東京湾越しの富士や富士に沈む夕日を撮影するカメラマンが多く訪れる場所です。また鱚が浦海岸は海水浴場としても有名で、遠浅で波の緩やかな海岸はシーズン中、小さな子どもから大人まで多くの海水浴客で賑わいます。隣接する国道127号も歩道が整備されており、散策やサイクリング等を楽しむ人々に利用されています。

    浮世絵

    富士三十六景「房州保田海岸」(提供:千葉県立上総博物館) 富士三十六景「房州保田海岸」(提供:千葉県立上総博物館)

    地点名:房総半島(鋸南町)からの富士
    概要:安藤(歌川)広重の富士三十六景「房州保田海岸」

    浮世絵に描かれた選定景一覧へ→

    ダイヤモンド富士

    ダイヤモンド富士(ロゴ)

    富士山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に、まるでダイヤモンドが輝くような光景が見られることがあり、この現象はダイヤモンド富士といわれています。富士山と光輝く太陽が織りなす光景は、まさに自然の芸術といえます。

    ダイヤモンド富士が観られる選定景一覧へ→

    アウトドアポイント

    アウトドアポイント(ロゴ)
    地点名 ウォーキング ハイキング キャンプ 備 考
    房総半島(鋸南町)からの富士 - -

    アウトドアが楽しめる選定景一覧へ→

    アクセス

    周辺位置図 周辺位置図

    <公共交通機関>
    ●元名海岸
    東京駅・JR京葉線経由約2時間30分で「保田駅」へ JR保田駅より約2キロ、徒歩30分
    ●鱚ヶ浦海岸
    東京駅・JR京葉線経由約2時間30分で「保田駅」へ JR保田駅より約2キロ、徒歩30分
    <車>
    ●元名海岸
    東京からアクアライン経由、富津館山道鋸南保田IC下車
    県道34号線から国道127号線で約5分 併せて90分
    ●鱚ヶ浦海岸
    東京からアクアライン経由、富津館山道鋸南保田IC下車
    県道34号線から国道127号線で約5分 併せて90分

    問い合わせ先

    鋸南町地域振興課まちづくり推進室
    〒299-2192
    千葉県安房郡鋸南町下佐久間3458
    電話:0470-55-1560
    FAX:0470-55-0421

    <関連リンク>
    ●鋸南町ホームページ[外部サイト]
    ●鋸南町観光協会ホームページ[外部サイト]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369