高崎河川国道事務所ホーム > みちづくり > IRサイト

IRサイト

IRについて

■ 企業のIR活動  
 IR(Investor Relations)とは、企業が株主や投資家に対し、財務状況など投資の判断に必要な情報を提供していく活動全般を指します。 最近は、株主や投資家に対するだけでなく、顧客や地域社会等に対して、経営方針や活動成果を伝えることもIRのねらいの一つになってきています。 企業はIR活動を通じて株主、投資家、顧客などと意見交換することで、お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、資本市場での正当な評価を得ることができます。逆に、外部からの厳しい評価を受けることで、経営の質を高めています。また、近年、IR活動の一環としてホームページ上にIR専用のサイトを設ける企業が増えています。

■ 高崎河川国道事務所の活動  
 IRは本来民間の手法であり、行政がこの名称を用いることは必ずしも正確ではないのですが、私たちは、行政運営にこのIR(Investor Relations)活動の考え方を取り入れることで、行政の「インベスター(投資家)」である納税者の皆さまに情報を提供し、適切な評価をいただくことを通じて道路運営の質を高めていくことができると考えました。そこで、2001年12月より、ホームページ上に行政評価専用の「道路行政評価サイト(通称:IRサイト)」を開設し、事業評価の結果などを公表しています。 今後、行政としての説明責任を果たすため、内容を順次充実させていく予定です。

事業の評価

私たち高崎河川国道事務所は、経済の活力と豊かで質の高い暮らしを支えていくため、政策や事業を厳しく評価し、無駄の排除や政策や事業の効果の向上に努めています。

高崎河川国道事務所の事業評価

再評価
事業箇所名 評価実施年度 評価結果
一般国道17号 上武道路 平成26年度

評価結果
バックデータ
説明資料

 一般国道17号 前橋渋川バイパス  平成20年度 評価結果
バックデータ
説明資料 
 一般国道17号 渋川西バイパス  平成26年度  評価結果
バックデータ
説明資料
一般国道17号 高松立体   平成27年度 評価結果
バックデータ
説明資料
 一般国道17号 群馬大橋拡幅  平成28年度  評価結果
バックデータ
説明資料
 一般国道17号 綾戸バイパス  平成28年度  評価結果
バックデータ
説明資料
 一般国道18号 高崎安中拡幅  平成26年度  評価結果
バックデータ
説明資料
 一般国道50号 前橋笠懸道路  平成28年度  評価結果
バックデータ
説明資料


 

事後評価
事業箇所名 評価実施年度 評価結果
一般国道17号 鯉沢バイパス 平成22年度 評価結果
バックデータ
説明資料

道路行政の評価・基礎データ

国土交通省 関東地方整備局 高崎河川国道事務所
〒370-0841 群馬県高崎市栄町6-41 電話:027(345)6000