北首都国道事務所ホーム > みちづくり > 〜道路のストック効果〜

みちづくり

  • 〜道路のストック効果〜

    【ストック効果とは】   
      整備された社会資本が機能することによって、継続的に中長期的に得られる効果のことです。


    【ストック効果事例】  
      「道路のストック効果」の事例を紹介します。

    ◇圏央道

    国際競争力と成長[PDF:655KB]
     ・圏央道の利用により移動時間が短縮され、企業活動に貢献しています。 
    地域経済の好循環[PDF:1271KB]
     ・圏央道の開通によるアクセス向上により、観光・レジャーの需要が高まっています。
     ・成田空港行き高速バスのルート変更や停留所の新設が検討されています。
    地域交通状況の改善[PDF:1139KB]
     ・周辺の一般道で、大型車の交通量の減少により、地域の交通状況が改善しています。
     ・路線バスの定時性が向上しました。
    民需の拡大[PDF:644KB]
     ・圏央道の整備により広域的な観光交流が促進されています。

国土交通省 関東地方整備局 北首都国道事務所
〒340-0044 埼玉県草加市花栗3丁目24番15号 電話:048(942)4041