京浜河川事務所ホーム > 多摩川 > 多摩川で学ぶ、遊ぶ、参加する > 多摩川流域歴史セミナー

多摩川流域歴史セミナー

 『多摩川流域懇談会』は、多摩川にまつわる歴史文化を総合的に研究し、
その成果をわかりやすく多摩川で活動する人が利用し、多摩川をより深く知ることができるよう、
取組みの幅を広げ、活動を行っています。
 今後、多摩川流域の郷土博物館等を会場として、地域に則したテーマで随時公開セミナーを開催していきます。

過去の歴史セミナーの様子 過去の歴史セミナーの様子

第3回多摩川流域歴史セミナー開催報告を掲載しました。(H27.11.4掲載)
下記『過去の開催記録』よりご覧ください。

H29.2.5(日)第4回多摩川流域歴史セミナーを開催しました。

平成26年度より、多摩川の原史・古代に焦点を当てた多摩川流域歴史セミナーを3回開催し、平成28年4月には、そのまとめとして『第1回多摩川流域歴史シンポジウム』を開催しました。
そして今回は、「中世・近世」の歴史セミナーの1回目として開催されました。
テーマは、「中世 多摩川流域の開発」(府中市郷土の森博物館 深澤靖幸氏)

多摩川中流域における低地の開発は、古代に始まり、中世そして近世を通じて少しずつ進行しました。そうした開発の歴史を、大地に刻まれた痕跡や諸記録から探りました。

リピーターの方にも多く御参加いただき、会場はほぼ満席となりました。

次の第5回歴史セミナーは、平成29年6月10日(土)に、パルテノン多摩にて「中世の合戦伝承と関戸の地域性(仮)」で開催決定しています。
詳細は決まり次第、こちらに掲載します!

第4回多摩川流域歴史セミナー開催報告(速報版)はこちら[PDF:674KB]

多摩川流域懇談会Facebookページも併せてご覧ください
★多摩川流域懇談会公式Facebookページ[外部サイト]

過去の開催記録

「多摩川流域歴史セミナー」は『多摩川流域懇談会』が主催しています

  「多摩川流域歴史セミナー」は、市民団体、流域自治体、河川管理者等で構成する『多摩川流域懇談会』が主催しています。
  『多摩川流域懇談会』は「多摩川流域歴史セミナー」の他、「多摩川流域セミナー」を開催しています。
  「多摩川流域セミナー」に関する開催報告、開催告知はこちらをご覧下さい。

 →「多摩川流域セミナー」

国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1
TEL:045(503)4000