京浜河川事務所ホーム > 多摩川 > 多摩川で学ぶ、遊ぶ、参加する > 多摩川源流教室

多摩川

  • 多摩川で学ぶ、遊ぶ、参加する

    多摩川源流教室

    多摩川は、山梨県甲州市の笠取山に源を発し、東京都西部から南部を流下し、神奈川県との境を流れ東京湾に注ぐ延長138kmの河川です。

    多摩川源流の水源地や自然環境を体験し、河川の治水、環境等への関心を高めるとともに、水源地と中下流域の流域一体として結びつきを深めることを目的として、平成5年より隔年で沢のぼり(小菅村)と笠取山散策(丹波山村)で「多摩川源流教室」を開催しております。

    今年度はかさとり山の中腹付近にある、多摩川最初の一滴が流れる場所「水干」に行ってきました。

    ■開催日
    平成29年8月22日(火)
    ■開催場所
     山梨県丹波山村
     多摩川の源流(はじまり)ってどんなところ?
     138キロにおよぶ多摩川のスタート地点「水干」(みずひ)がある笠取山の登山口 から水干のある中腹付近まで歩きました。

    ■H29多摩川源流教室チラシ[PDF:872KB]
    応募の詳細等はこちらをご覧下さい。
    源流教室チラシ

    笠取山散策コース概略

    ルート概略 多摩川のスタート地点である「水干(みずひ)」がある笠取山を散策しました。

    実施状況

    • 途中の沢を渡ります 途中の沢を渡ります
    • もうすぐ笠取小屋 もうすぐ笠取小屋
    • マルバタケブキが咲いていました マルバタケブキが咲いていました
    • 雁峠分岐付近です 雁峠分岐付近です
    • 苔むす岩と沢の流れ 苔むす岩と沢の流れ
    • 鹿に出会いました! 鹿に出会いました!
    • 分水嶺(ここに降った雨は、荒川・富士川・多摩川に分かれます。) 分水嶺(ここに降った雨は、荒川・富士川・多摩川に分かれます。)
    • 多摩川の最初の流れ 多摩川の最初の流れ
    • 水干(水干とは、沢の行き止まりという意味です。) 水干(水干とは、沢の行き止まりという意味です。)

    H26年度の実施状況(源流沢のぼり)昨年台風により中止

    • 源流体験(1) ロープを使って岩わたり
    • 源流散策 源流散策
    • 淵への飛び込み 淵への飛び込み

    ◆開催日時
    平成26年8月5日(水)
    参加者22名 (子供11名 大人11名)

国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1TEL:045(503)4000