京浜河川事務所ホーム > 多摩川 > 多摩川の概要 > 多摩川の歴史年表 > 江戸の歴史年表

多摩川

  • 多摩川の概要

    多摩川の歴史年表

    江戸の歴史年表

    年代 多摩川の歴史
    江戸時代(1603〜1868年)
    1611 慶長16 3.1 小泉次太夫、六郷用水及び稲毛川崎二ヶ領用水の開削工事すべて完了
    1638 寛永15 江戸水源調査
    1644 正保1 8.4 連日の降雨により六郷用水の被害が大きい
    1648 慶安1 7.13 大風雨により六郷橋破損、川崎で水害
    1652 承応1 甲州街道に宿駅・伝馬が設置される
    1654 承応3 6.20 玉川兄弟により、玉川上水(全長約43km)の工事完了
    1655 明暦1 3.- 野火止用水開設
    1666 寛文6 このころから奥多摩地方の植林始まる
    1671 寛文11 8.27 大風雨により浅川など増水。六郷橋50間(約90m)ほど流される
    1672 寛文12 5.5 大風雨により多摩川洪水。六郷橋仮橋流失
    1688 元禄1 六郷橋への架橋をやめ、渡船がはじまる
    1690 元禄3 このころ秋川の筏商いが行われる
    1693 元禄6 府中用水ができる
    1696 元禄9 千川上水を開削
    1716 正徳6 八王子で鮎運上始まる(〜1735)。次第に、各地で始まる
    1735 享保20 五日市で炭運上始まる
    1761 宝暦11 玉川上水 拝島分水に水車登場
    1786 天明6 7.13 多摩川洪水で、下流左岸猪方村(狛江市)大堤決壊
    1791 寛政3 8.6 大風雨で多摩川満水、大津波発生、道塚村(大田区)では床上三尺(約90cm)余も浸水
    1794 寛政6 丸子の渡し(大田区)にはじめて土橋が架橋される
    1837 天保8 5.- 玉川上水から投げ込まれた死体が多く発見されるので、見張りを厳重にするよう通達が出る
    1846 弘化3 6.11 大雨により多摩川が氾濫する
    1859 安政6 7.- 大風雨により多摩川大水。羽村(羽村町)堰破壊し、上水道止まる
    1860 安政7
    万延1
    11.17 上平間・丸子・二子(大田区)・宿河原(狛江市)・矢の口(稲城市)に渡し
国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1
TEL:045(503)4000