荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > 荒川の主な施設 > 彩湖 > 彩湖のはたらき

荒川を知ろう

  • 荒川の主な施設

    彩湖

    彩湖のはたらき

    調節池のしくみは?

    笹目橋から羽根倉橋までの一帯を「荒川第一調節池」といいます。台風などで荒川の水が増水したときに、一時的この調節池に水をため、下流部の洪水を防ぎます。

    調節池がないとき

    【調節池がないとき】
    台風などでまとまった雨がふると、川の水かさが増えてしまいます。この水が堤防からあふれ、水害がおきてしまいます。

    調節池ができたとき

    【調節池ができたとき】
    大雨のとき、荒川の洪水を一時的に調節池にためて、下流部の洪水量を減らします。

    ●調節池全体の広さは:5.85km2
    ●調節池全体にたくわえられる水の量は:39,000,000m3

    彩湖の水は何に使うの?

    彩湖の水は何に使うの?

    首都圏の飲み水は荒川からもとっています。荒川の水が少なくなったら、ためていた彩湖の水が使われます。

    環境については?

    環境については?

    既存の樹林、サクラソウをはじめとする荒川の貴重な植生や昆虫、野鳥など水辺の自然環境の保全・再生を図る、自然保全ゾーンが設けられています。

    彩湖の基本データ

    彩湖の広さ

    ●彩湖の広さは:1.18km2
    校庭の約118倍のひろさです。

    彩湖にたくわえられる水の量

    ●彩湖にたくわえられる水の量は:10,600,000m3
    25mプールの約35,000倍です。
    この量は埼玉県全体の人口の約5日分の使用水量です(平成22年時の計算)。

    彩湖の深さ

    ●彩湖の深さは:約10.7m
    3階だて校舎と同じくらいの高さです。

    彩湖の周りの長さ

    ●彩湖の周りの長さは:約8.5km

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371