ホーム > 都市・公園 > まちづくり > 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金) > 都市再生整備計画事業の特徴
都市・公園

まちづくり

  • 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金)

    都市再生整備計画事業の特徴

     「都市再生整備計画事業」は、市町村が作成した都市再生整備計画に位置づけられたハード事業・ソフト事業を一体として支援する交付金制度です。市町村のまちづくりにとってより一層使い勝手のよい制度となるよう、従来の補助事業の改良点が盛り込まれています。

     これまでの補助事業は施設整備等のハード対象を重点に進められてきましたが、個別の事業毎・年度毎での予算執行が基本でしたので、事業間での調整や事業の進捗に合わせた変更が難しいなど、市町村にとって使い勝手が良くない面もありました。

     これに比べ「都市再生整備計画事業」は計画の範囲内であれば事業間で自由な予算配分も可能であるなど、市町村の自主性・裁量性を高めた制度であり、地域の実情に合わせた創意工夫による効果的なまちづくりの推進が可能となりました。

    活力と魅力にあふれ、暮らす人にも訪れる人にも快適なまちづくりを応援します。
    基幹事業との一体的な実施による効果的なまちづくり
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369