ホーム > 地域づくり > 関東の富士見百景 > 【39】戸定が丘歴史公園内戸定邸(千葉県)
地域づくり

関東の富士見百景

  • 【39】戸定が丘歴史公園内戸定邸(千葉県)

    戸定が丘歴史公園内戸定邸 戸定が丘歴史公園内戸定邸

    選定地点の魅力

    戸定が丘歴史公園内戸定邸 戸定が丘歴史公園内戸定邸

    戸定邸は、明治17年に水戸家最後の藩主、徳川昭武公の隠居所として建てられた屋敷で、東京近郊における大名屋敷の面影を残す貴重な文化財となっています。客間から見る富士の姿は、120年の時を感じさせない魅力溢れる眺望を保っています。明治時代の社交の舞台であった戸定邸は、現在、市内外から多くの人々が訪れる名所となっています。

    周辺の見どころ

    <名勝史跡・観光情報>
    戸定邸が立地する旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)は国指定名勝です。庭園は2016~17年、明治時代の景観に復元する工事を行い、東屋や植栽がよみがえりました。
    松戸駅西口には、徳川昭武が写真におさめた坂川や地域の総鎮守・松戸神社が残り、宿場町の風情を漂わせる建物が観光案内施設として活用されています。

    アウトドアポイント

    アウトドアポイント(ロゴ)
    地点名 ウォーキング ハイキング キャンプ 備 考
    戸定が丘歴史公園内東屋 - -

    アウトドアが楽しめる選定景一覧へ→

    アクセス

    周辺位置図 周辺位置図

    <公共交通機関>
    JR 松戸駅から徒歩約10 分

    問い合わせ先

    松戸市教育委員会生涯学習部 戸定歴史館
    〒271-0092
    千葉県松戸市松戸714-1
    電話:047-362-2050
    FAX:047-361-0056

    <関連リンク>
    ●戸定歴史館[外部サイト]
    ●松戸市文化財マップ[外部サイト]
    ●松戸市観光協会ホームページ[外部サイト]

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369