ホーム > 用地 > 地籍整備関係
用地

地籍整備関係

地籍整備とは

地籍整備とは土地の境界や面積、所有者、地番、地目などの土地の基礎的情報(地籍)を明確にすることです。

地籍整備への支援

関東地方整備局では、都市部における地籍整備の支援として『都市部官民境界基本調査』を実施しているほか、『国土調査費負担金』、『社会資本整備総合交付金(社会資本整備円滑化地籍整備事業)』、『国土調査法第19条第5項に基づく指定申請』並びに『地籍整備推進調査費補助金』の事務に携わるなど、地籍整備の推進に向けて取り組んでいるところです。

関東地方における地籍整備の状況

平成28年度末時点の地籍整備の進捗率は、全国(52%)、関東地方整備局管内は、茨城県(67%)、栃木県(23%)、群馬県(37%)、埼玉県(31%)、千葉県(15%)、東京都(23%)、神奈川県(14%)、山梨県(30%)、長野県(38%)となっています。

【参考】
地籍整備について

参考リンク

  • 地籍整備推進調査費補助金[外部サイト]

    地方公共団体や民間事業者等が積極的に19条5項指定を申請できるように、平成22年度より地籍整備推進調査費補助金を創設しました。平成25年度から国が民間事業者等による調査・測量に対して直接補助できるよう制度を拡充しました。

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369