渡良瀬川河川事務所ホーム > 砂防事業 > 神梅床固群

砂防事業

  • 神梅床固群

    神梅床固群

    昭和22年のカスリーン台風は、赤城山東斜面の諸渓流と足尾山地からの土砂流出により大間々町(現・みどり市)やその下流にあたる地域にも大きな被害を与えました。そのため、1950(昭和25)年には、「上神梅ダム(砂防堰堤)」が建設されました。
    神梅床固群は、施設補強を施した上神梅砂防堰堤と床固工、護岸工、魚導工などからなります。また、この地区は大間々町(現:みどり市)によって、 「にぎわいのある水辺」を創出することを目的とし、砂防事業と一体となった河川沿いの拠点整備である「水辺プラザ整備事業」が実施されました。

国土交通省 関東地方整備局 渡良瀬川河川事務所
〒326-0822 栃木県足利市田中町661-3 電話:0284(73)5551