利根川上流河川事務所ホーム > 防災情報 > 利根川沿川の地域防災

利根川沿川の地域防災

当事務所では、群馬大学広域首都圏防災研究センター災害社会工学研究室の片田敏孝教授と共同で、地域に暮らす住民のみなさんの防災力向上を推進する取り組みを進めております。

利根川は、昭和22年(1947年)9月に関東地方を襲ったカスリーン台風によって氾濫し、北埼玉郡東村(現加須市)付近で堤防が決壊しました。濁流は埼玉県東部を水没させながら南下し、東京都東部をも水没させ、大変な浸水被害をもたらしました。
カスリーン台風以降、利根川では、大規模な堤防整備が進められ、上流には多数のダムが整備されるなど、洪水災害を未然に防ぐためのハード施設が重点的に整備されました。その効果もあり、カスリーン台風以降は、利根川の氾濫による被害は発生していません。
しかし近年は、海水温の上昇に伴い、台風がより大きく、強くなる傾向にあり、カスリーン台風をしのぐ巨大な台風の発生も現実味を帯びてきています。このような台風が関東地方を襲えば、カスリーン台風を上回る規模の被害が発生する恐れがあります。したがって、国土交通省利根川上流河川事務所では、現在も継続的に堤防などの治水整備や、危機管理態勢の強化を進めてきておりますが、これと併せて、沿川地域に暮らす住民のみなさんにいざというときに適切な対応をとっていただかなければ、洪水災害による被害を減らしていくことは困難な状況にあります。

このような背景のもと、当事務所では、群馬大学広域首都圏防災研究センター災害社会工学研究室の片田敏孝教授と共同で、地域に暮らす住民のみなさんの防災力向上を推進する取り組みを進めて参りました。平成19年(2007年)からは利根川と渡良瀬川に挟まれた北川辺・板倉地区(埼玉県加須市(旧北川辺町)・群馬県板倉町)、平成24年からは利根川と渡良瀬川の合流点付近から下流に広がる古河・境・坂東地区(茨城県古河市・境町・坂東市)で、地元自治体の協力のもと、利根川の氾濫を想定した場合の避難の考え方の周知徹底や、具体的な避難方法を検討していただく取り組みを進めています。
 

国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所
〒349-1198 埼玉県久喜市栗橋北2-19-1 電話:0480(52)3952