国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所
相模川水系広域ダム管理事務所ホーム > もっと宮ヶ瀬ダムを知る > ダム運用の流れ > 非常用洪水吐設備

もっと宮ヶ瀬ダムを知る

  • ダム運用の流れ

    非常用洪水吐設備

    非常用洪水吐設備 非常用洪水吐設備宮ヶ瀬湖側のダム堤体にあるクレストゲート 宮ヶ瀬湖側のダム堤体にあるクレストゲート

    非常用洪水吐設備は、ダムの堤体頂上付近に位置する放流設備です。常用洪水吐設備と異なり、ゲートを持たない越流式で、クレストゲートに一旦貯められた水が非常用洪水吐設備より放流されます。

    こんな時に使われます

    非常用洪水吐からの試験放流 非常用洪水吐からの試験放流非常用洪水吐 非常用洪水吐

    台風や大雨などによって、宮ヶ瀬湖の水位が急激に上昇した場合に、 宮ヶ瀬ダムの設計洪水量放流量のうち、常用洪水吐設備の最大放流量である1秒間に 355m3(注1)を上回る部分を放流する設備です。 通常使用されることはなく、宮ヶ瀬ダムでは試験放流でのみ使用されました。

    (注1)参考値:小学校の25mプールの容積が375m3

国土交通省 関東地方整備局 相模川水系広域ダム管理事務所
〒252-0156 神奈川県相模原市緑区青山字南山2145-50 電話:046(281)6911