ホーム > 道路 > 申請・届出 > 特殊車両通行許可制度 > 道路法に基づく車両制限 > 道路法に基づく車両の制限とは
道路

申請・届出

  • 特殊車両通行許可制度

    道路法に基づく車両制限

    道路法に基づく車両の制限とは

    道路は一定の構造基準により造られています。そのため、道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を次のとおり定めています。この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。 (道路法第47条1項、車両制限令第3条)

    車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
    2.5メートル
    長 さ 12.0メートル
    高 さ 3.8メートル
    重 さ 総重量 20.0トン
    軸重 10.0トン
    隣接軸重 ○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満  18.0トン
    (ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ
    隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19トン)
    ○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上  20.0トン
    輪荷重 5.0トン
    最小回転半径 12.0メートル

    一般的制限値の例

    ここでいう車両とは、人が乗車し、または貨物が積載されている場合にはその状態におけるものをいい、他の車両をけん引している場合にはこのけん引されている車両を含みます。(車両制限令第2条)

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369