京浜河川事務所ホーム > 沖ノ鳥島 > これからの沖ノ鳥島の管理

沖ノ鳥島

  • これからの沖ノ鳥島の管理

    補修

    沖ノ鳥島の護岸コンクリートは、平成2年から5年に完成し経年的に劣化しているほか、厳しい気象条件の影響により、多数のはく離、ひび割れなどが発生しています。
     このような護岸の劣化を抑制し維持管理していくため、コンクリートの損傷についての調査や点検を行い、発見したひび割れの補修等を実施しています。

    • 護岸コンクリート部の劣化 護岸コンクリート部の劣化
    • クラック補修状況(注入工) クラック補修状況(注入工)

    調査

     沖ノ鳥島では、島の保全対策や今後の利活用検討のため、基礎的な調査・観測が行われています。
     また、沖ノ鳥島は我が国唯一の熱帯気候であるとともに、太平洋の孤島で、陸地の影響をほとんど受けないという特色を活かし、日本のみならず国際的にも意義のある防災・学術の観点からさまざまな実験が実施されています。

    • 耐久性試験 (金属材料や塗装、コンクリート部材などの耐久性試験) 耐久性試験(金属材料や塗装、コンクリート部材などの耐久性試験)
    • 生物調査 (魚類やサンゴなどの生物調査) 生物調査 (魚類やサンゴなどの生物調査)
国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1
TEL:045(503)4000