関東技術事務所ホーム > 事務所紹介・連絡先・案内図 > 業務概要 > 重点事項2 工事目的物、管理施設の品質確保技術

事務所紹介・連絡先・案内図

  • 業務概要

    重点事項2 工事目的物、管理施設の品質確保技術

    公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)

     平成17年4月1日から、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(品確法)が施行され、公共工事の品質は、経済性に考慮しつつ、価格以外の多様な要素をも考慮し、価格及び品質が総合的に優れた内容の契約がなされることにより、確保されなければならないとされています。
     関東技術事務所では、この基本理念にのっとり、発注者として工事監督及び検査並びに工事中及び完成時の施工状況の確認及び評価等を適切に実施してゆく為、各々な取り組を実施しています。

    【取組事例(1)】監督・検査技術の向上

    配筋状況の確認、現場密度試験 配筋状況の確認、現場密度試験

     発注者として工事の監督及び検査等を適切に実施してゆく為には、職員の技術力の向上が不可欠であることから、コンクリート、土質などの基礎的な技術や、実際の工事現場における施工技術について、監督・検査に主眼を置き、施工プロセスを理解し品質を評価する技術力の向上を図っています。

    【取組事例(2)】総合評価落札方式技術提案評価型工事等の技術支援

    技術提案評価型(A2型)概略スケジュール

     技術提案評価型は、技術的工夫の余地が大きい工事を対象に、構造上の工夫や特殊な施工方法を含む高度な技術提案を求めること、又は発注者が示す標準的な仕様(標準案)に対し施工上の特定の課題等に関して施工上の工夫等の技術提案を求めることにより、民間企業の優れた技術力を活用し、公共工事の品質をより高めることを期待する場合に適用するものです。
     関東技術事務所では工事発注事務所への支援として、技術評価検討会の設立・運営、工事内容に沿った適切な評価項目等の技術検討及び提出された技術提案内容の評価項目に沿った整理・分析等を行っています。
     また、一部の工事については、契約後に求めるべき条件(付帯事項)についての検討を行っています。

    【取組事例(3)】情報化施工の推進

    情報化施工の推進

     情報化施工は、ICT(情報通信技術)を活用し、施工段階において技術者の判断支援に必要な情報を取得・提供する技術です。
     マシンコントロールなどの制御技術以外にも、計測技術、情報管理技術など多岐にわたる技術を対象としています。
     関東技術事務所では、情報化施工の導入・普及を図るため、整備局、自治体職員、業団体関係者を対象とした情報化施工講習会の開催、並びに情報化施工技術の特性を生かした活用形態に関する手引きの検討などを行っています。

国土交通省 関東地方整備局 関東技術事務所
〒270-2218 千葉県松戸市五香西6-12-1 電話:047(389)5121