常陸河川国道事務所ホーム > 河川 > 久慈川 > 久慈川流域の土地利用と産業

河川

  • 久慈川

    久慈川流域の土地利用と産業

    久慈川流域の土地利用

    久慈川流域面積1490km2のうち、宅地が4.8%、田畑が16.4%で、山林が55.8%と大半を占めています。

    久慈川流域の土地利用状況図(平成9年)

    久慈川流域の産業

    久慈川流域の上中流部には広大な森林が広がり、第一次産業として産地を活かした林業が営まれており、現在でも東日本有数の杉林の産地になっています。山間部の農業はコンニャク、葉タバコ、リンゴ、茶の栽培があります。中流部には日本三瀑布の袋田の滝や奥久慈渓谷、矢祭山等の景勝地や大子をはじめとした温泉地があり、観光業が盛んです。下流部には北関東屈指の日立工業地帯があり、流域の経済基盤となっています。

    久慈川流域関係市町村の区域別・産業別人口構成
国土交通省 関東地方整備局 常陸河川国道事務所
〒310-0851 茨城県水戸市 千波町1962-2 電話:029-240-4061(代)