江戸川河川事務所ホーム > 事務所の取り組み > 暮らしの水を守る > 行徳可動堰

事務所の取り組み

  • 暮らしの水を守る

    行徳可動堰

    建設に至る経緯

    明治改修後、昭和10年、13年と相次いで大洪水に見舞われて、昭和14年に江戸川増補計画が策定されましたが、第二次世界大戦によりほとんど工事は進捗しないうちに終戦となりました。
    そして、昭和22年9月のカスリーン台風による大洪水を契機に、昭和24年利根川改訂改修計画が策定され、江戸川では引堤が行われました。
    江戸川放水路の堰地点の流下能力が不足していたため、固定堰を可動堰形式にするために、行徳可動堰の建設が行われました。行徳可動堰は昭和25年に着工され、昭和32年3月に竣工しました。その後、広域地盤沈下のため昭和50年から52年の3ヶ年にゲートの嵩上げ工事を行いました。

    行徳可動堰は江戸川の最下流部に位置し、江戸川水閘門と連携して、平常時はゲートを閉めて首都圏の生活用水に海水が混入しないよう塩分遡上を防止するとともに、洪水時にはゲート操作により堰下流に洪水を安全に放流させる目的で設置した施設です。
    完成後50年以上が経過した行徳可動堰は、老朽化という問題をかかえていたことから、平成22年度から5年間をかけてゲート設備の更新と堰柱の耐震補強対策を実施しました。平成26年度からは、行徳可動堰の管理橋機能を兼ねた行徳橋の架替工事を実施しています。(平成32年3月供用開始予定。)

    改築前・改築後の行徳可動堰 改築前・改築後の行徳可動堰
    行徳床固(昭和20年代撮影航空写真) 行徳床固(昭和20年代撮影航空写真)
    現在の行徳可動堰(平成23年撮影航空写真) 現在の行徳可動堰(平成23年撮影航空写真)
    行徳可動堰工事中写真 行徳可動堰工事中写真
    行徳可動堰工事着手前・着手後写真 行徳可動堰工事着手前・着手後写真
国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所
〒278-0005 千葉県野田市宮崎134 電話:04(7125)7311