荒川下流河川事務所ホーム > 水害に備えるため、タイムライン検討会が地下鉄をジャック!!

  • 水害に備えるため、タイムライン検討会が地下鉄をジャック!!

     〜東京メトロに、タイムライン列車が走りました(9/1〜9/15運行(現在は運行を終了))〜


     荒川の堤防が決壊するなどの大規模水害発生時には、首都圏で甚大な被害 が発生すると想定されています。そのため、荒川下流域では、「荒川下流域を対象としたタイムライン検討会」を設置し、今年から、全国に先駆けてタイムラインという新しい防災対策に取り組んでいます。
     このたび、このタイムラインや首都圏の水害リスクを多くの方に知っていただくため、東京メトロの車両を丸ごと借り切って広報活動を行うとともに、駅構内や公共施設へ啓発ポスターを掲示します。
     是非、一人でも多くの方にご覧いただき、あらためて水害対策について考えるきっかけとしていただきたいと考えています。

    ■運行期間:平成27年9月1日(火)から9月15日(火)まで(駅構内に掲載したポスターは9月30日まで掲載)

    ■掲載場所:   
      ・駅構内(東京メトロ、つくばエクスプレス、埼玉高速鉄道の全駅)
      ・公共施設(北区役所、板橋区役所、足立区役所、東京管区気象台、関東地方整備局、荒川下流河川事務所など)

    ■車両広告
      車両広告内容については、以下をクリックして下さい。
    ・タイムライン【職場編】
    ・タイムライン【家庭編】

    このコンテンツとの関連情報

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)