ホーム > 記者発表資料 > 令和4年 > 5月 > 道路高架区間等の緊急避難場所としての活用について 国道17号渋川市半田地先にて ~緊急避難場所の第1号が完成~

記者発表資料

2022年05月19日

  • 道路高架区間等の緊急避難場所としての活用について 国道17号渋川市半田地先にて ~緊急避難場所の第1号が完成~

    高崎河川国道事務所
    渋川市

     国土交通省高崎河川国道事務所では、道路高架区間等の緊急避難場所としての活用について、県内各市町村のご意見を伺い緊急避難場所の整備を行っています。
     このたび渋川市半田地先にて緊急避難場所が完成したことから、渋川市および地元自治会の皆さまに使用方法等の説明会を行います。

     〇説明会日時:令和4年5月22日(日) 11時~
            ※雨天の場合も実施します
     ○緊急避難場所:渋川市半田3332-1地先 【現地】

     ※参加者:国土交通省・渋川市役所・地元自治会(予定)
     ※取材を希望される方は5月20日(金)12時までに本文資料(PDF)別添にて事前申し込みをお願いします。
     ※新型コロナウイルスを含む感染症対策のため、「アルコールによる手指の消毒」および「マスク着用を含む咳エチケット」へのご協力をお願いします。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369