ホーム > 記者発表資料 > 令和3年 > 7月 > 首都圏の水ガメ(利水容量)ほぼ満水で東京2020オリンピック・パラリンピックに備えます。

記者発表資料

2021年07月20日

  • 首都圏の水ガメ(利水容量)ほぼ満水で東京2020オリンピック・パラリンピックに備えます。

    関東地方整備局
    河川部

     東京2020オリンピックが7月23日から開催されます。
     東京2020オリンピック・パラリンピック渇水対策協議会では、策定した「渇水対応行動計画」に基づき、渇水に備えた対応を実施してまいりました。
     開催を直前に「首都圏の水ガメ(利水容量)」がほぼ満水となりました。

    【利根川・鬼怒川・荒川・相模川の貯水状況(R3.7.19 0時00分時点)】
    各河川の貯水状況 貯水量(万立方メートル) 貯水率(パーセント)
    (夏期における利水容量内)
    利根川9ダムの貯水状況 36,845 100
    怒川4ダムの貯水状況 14,678 97
    荒川4ダムの貯水状況 7,584 99
    相模川3ダムの貯水状況 20,885 94
     

     今後も、引き続き関係機関が連携・協力し、東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて水不足が生じないよう、ダム等の供給施設のきめ細やかな運用を行ってまいります。また、出水に備え、治水面での効果も発揮できるように、ダム等の適切な管理に努めてまいります。

    ・首都圏の水資源状況
     https://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000226.html
    ・東京2020オリンピック・パラリンピック渇水行動計画
     https://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000397.html
     

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369